カーケアテクション

ベンツSクラス様のポリッシュメンテナンスが完了しました。

転勤で熊本にお越しになり、Gガード・プラチナガラスコートのメンテナンスを致しました。
塗装状態を拝見すると、かなり状態が悪くなっておりました。
転勤前の駐車場に付近に大きな木があり、どうやら樹液で塗装が侵食しているようです。

樹液は希硫酸に近い厄介なもので、毎日樹液を付けたまま放置すると、コーティングを施したベンツのような硬い塗装でも、ジワジワと侵食してしまいます。

樹木の種類によりますが、今までの経験上どんなコーティングで保護しても、完全に食い止めることは不可能と思います。
これを防ぐには、プロテクションフィルムやカーラッピングを上面のみ貼ることをお勧めしています。

ちなみに、弊社のカーケアテクションシステムなら、上面だけをケアテクションフィルムで施工し、サイド面や他の部位に微細なキズを自己復元してくれるケアテクトコートを施工するので、6~7年経って買い替えたい場合は、上面のケアテクションフィルムを剥がすことで、ツルツルの塗装面に蘇ることができます。

ケアテクションフィルムとは、ペイントプロテクションフィルムの改良版で、防汚性と艶や輝き感を向上させたカーケア向けに開発したフィルムです。再剥離性も通常のプロテクションより高いので、糊残りや剥いだら塗装が剥げてしまったという心配がありません。

現在は、ご来店されたお客様のみにご案内致しております。
ただいまサイトメニューを構築中ですので、お問い合わせはお気軽にお越しください。

カーケアテクション
ホンダシビック カーケアテクション・ケアテクト

熊本市北区からお越しのシビック様 カーケアテクション®・ケアテクト®のお申込みをいただきました。 注 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。